日本の技術で作られる“今治タオル”の魅力

愛媛県・今治で作られる今治タオルってなに?

今治タオルという言葉を聞いたことがありますか?

ここ数年、デパートや大型ショッピングモールなどで、専用のコーナーが設けられるほど、注目を浴びているタオルです。

その名の通り、愛媛県今治市において生産されているタオルですが、「今治タオル」を名乗るには独自の品質基準をクリアしなけらばなりません。

そして、基準をクリアした商品だけが「今治タオル」としての認定を受け、そのロゴマークを付けることが許されているのです。

こだわりの生産

品質の良いタオルを作るための、こだわりが詰まった今治タオル。

そのタオル作りを支えているのは豊かで清らかな水です。

自然に恵まれた地に流れる軟水が、タオルの晒しや染めといった工程に最適であり、品質を支えるのに役立っています。

さらに「購入してすぐ使えるタオル」というコンセプトを持っているため、使用前に洗う必要がありません。

加えて、洗濯の時に柔軟剤を使わなくても柔らかさを保ってくれるという特徴があります。

・入荷後すぐに売り切れてしまう人気ぶり、デパートなどのタオル売り場にて「今治タオル」だけを扱う棚などが設置されていることがあります。

しかしながら大量生産されているわけではないため、その在庫はあまり多くありません。

専門店・通信販売などでも取り扱いはあるものの、「入荷待ち」だったりすることも多々あります。

もしどこかで「今治タオル」に出会ったら、その場で購入を決められることをオススメします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ